内藤耳鼻咽喉科医院|東武野田線鎌ヶ谷駅東口より徒歩1分の耳鼻咽喉科

東武野田線鎌ヶ谷駅東口より徒歩1分。耳・鼻・のどの諸症状は当院までお気軽にご相談ください。

2003年07月31日(木) 夏休み中の受診は午後3時から5時が狙い目です

今日で7月も終わりというのに、まだ梅雨が明けない変わった夏休みになっています。医院の待合室は、これまでとガラッと変わって午前中が混雑しています。学校や幼稚園が休みですので、親子で午前中に来院するわけです。
一般的に病院を受診する場合は、午前中のしかも早い方がよいと思います。診察医も人間ですので時間が経てば疲れても来ます。ここだけの話ですが、始まって10人目くらいがベストと思います。いつでも1番でないと気に食わない患者さんがいますが、最初は医者の方の調子が上がっていません。30~60分くらい経ったころが、針を刺すのも切開するのもうまくいくように思っています。最初だから失敗すると言うほどではありませんが・・・。

ところが、患者さんの中には、耳掃除や定期的な聴力検査のために来られる方も少なくなく、この場合は混雑する午前中ではなく、午後3時から5時の間が狙い目です。ほとんど待ち時間無しでの診察が可能です。わざわざ込んでるときに来院してたっぷり待たされては、イライラも募ります。

それでも8月の後半になりますと、感染症の多くが治ってきて、午前午後を問わず外来はすいてくるはずです。学校や幼稚園での病気のうつし合いが無くなってよくなってくるのです。8月と9月は、ハナ垂れ坊主やハナ垂れお嬢ちゃんが最も綺麗になる季節になります。

2003年07月31日 00:00

2003年06月08日(日) 学校健診の季節

とうとう5月はこれを書かずに過ぎてしまいました。毎年のことですが、5月・6月は学校検診の月です。地元医師会に属している耳鼻科医は、大抵、複数の学校医を担当しており、診療の空き時間を利用して各学校に出かけては、数百人の児童を診察しています。私は5月7日と14日にそれぞれ600~700名ほどの診察をしました。学校保健法では基本的には1人1校で、各学年を診察することになっているのですが、耳鼻科でそれを守れているところがあるのかどうか私は知りません。千葉県では、小学校は1,3,5年、中学校は1,3年となっています。

生徒を目の前に立たせて、私は生徒の身長に合わせて立ったり座ったり、ミミ、ハナ、ノドの順番で1人約20秒程度で、正に片っ端から視ていくのであります。時々、生徒に「ハナつまる?」とか「ミミの聞こえはどう?」などど質問しても答えが返って来ることはほとんどありません。自分も昔はそうであったように、変なおじさんの前からは早く立ち去りたいし、警戒して黙秘を決めこむのであります。

1校に2~3人、「よろしくお願いします」から始まり、「ありがとうございました」と言って去っていく子供がいます。思わず、親の顔が見てみたいと感心するわけです。ひととおり診察が終わると、校長先生にご挨拶をしてその年のお務めが終了となります。

毎年学校検診が終わるとホッとした気分になるのですが、街に耳鼻科医が1人もいない時代ならいざ知らず(事実、昭和50年代まで鎌ヶ谷には1件も耳鼻科医院はありませんでした。)、このようなベルトコンベアーに乗せたような診療まがいの行為は、いずれ廃止すべきではないかと思います。”学校医”ももっと別な利用法があるように思います。

現在医院の方では、その後始末に追われているところです。検診した中で最も多い病名はいつでも「耳垢」で、せっせとミミアカ取りに励むこの頃であります。

2003年06月08日 00:00

2003年04月16日(水) 一部負担金の変更

4月から保険診療における一部負担金の制度が変わりました。1つは健康保険本人に対しての負担割合が2割から3割になったことです。5~6年前までは1割だったのですからアッという間に3倍に値上げされたということになります。
これに対して日本医師会は一貫して政府に反対してきたのですが、全然と言っていいほど相手にされませんでした。さらには開業医の収入が減るのを気にして反対するのだろう、などという情けない論評まで新聞に掲載される始末でした。
確かにこの問題は医師会ごときが反対することではなく、日本全国何千万人かのサラリーマン自身がこぞって反対すべきだったのでしょう。そうすれば、政府もそんな法案を通すことはできなっかたはずです。毎月の収入から、保険料として一定の額を天引きされているのですから、病院には気楽に受診できるような状況にあって良いと思うのですが・・・。

もう1つは乳幼児に対する助成が千葉県から行われるようになったことです。3歳未満の乳幼児は、各自治体から発行される受給券を提示すれば1回200円で済むという制度です。ところが余裕のある自治体では4歳未満まで200円という制度を採用しています。鎌ヶ谷市の近隣・市川、船橋、松戸、柏などがその制度を採用していて、当院には両者が入り乱れて受診されています。たった1歳の違いではありますが、私はずいぶん不公平な話だと感じます。

現在、鎌ヶ谷市は白井市や印西市との合併を模索しているそうです。いまのところ3市とも「3歳未満」を採用している自治体で、要するに余裕のない自治体同士が話し合いをしているのであります。

2003年04月16日 00:00

2003年03月12日(水) 天気晴朗なれど花粉多し

ただいまスギ花粉症のピークを迎えています。このところ晴れて風の強い日が続いており、花粉が舞い上がるには絶好のコンディションとなっております。NHKのスギ花粉情報でも、関東一円は真っ赤に染まっています。
私も内服薬と目薬、鼻のスプレー・いわゆる3点セットで毎日をしのいでいます。それとマスクとサングラス、これだけでも目や鼻に付く花粉の量は半分以下になるのだそうです。私の場合は今のところスギだけですので、あと3週間くらいでしょうか。やれやれ・・・。

以前は、スギ花粉の飛散量は隔年周期で増減を繰り返すと言われていましたが、ここ3~4年は毎年大量飛散になってしまっています。地球の温暖化と、戦後にせっせとスギを植林した影響なのでしょう。それでも今年は去年に比べ、それこそ悲惨な患者さんは少ないように思います。そのかわり小児の花粉症が目立ってきています。幼稚園児が目を腫らし、ハナをグズグズさせて来院します。生命を脅かす病気ではありませんが、一度発症すれば毎年のこととなり可愛そうに思います。

3月は花粉症以外にも、風邪やインフルエンザに合併する中耳炎や副鼻腔炎の患者さんが来院され、外来が混雑しています。患者さんから「いつが空いているのか」と聞かれる事があり、答えに困ってしまいます。雨の日、春休みになったら午後の方が少しはまし、土曜はできれば避けた方がお互いのため、などと答えるようにしています。私も、時折鼻のスプレーを実演しながら頑張っておりますので、ご寛容の程、お願いいたします。

2003年03月12日 00:01

2003年02月02日(日) 見えない侵入者

インフルエンザが流行っているようです。去年の同じ時期と比べて3~4倍の患者数なのだそうです。誰がどうやって数えたのかよくわかりませんが、しかも特効薬が品薄状態で緊急輸入をするのだそうです。そんな事をニュースで取り上げるものだから、元気な患者さんでも「一応インフルエンザの薬を下さい。」とか、「ここにはまだ薬があると聞いたので、松戸から来ました。」などという、目をパチクリしてしまうようなケースも起こっております。

数年前なら患者さんを診察して、それなりの症状と所見があれば「インフルエンザですね。」とお話して、痛み止め、鼻水止め、咳止め、それに根拠はないのですが抗生物質も少し出して(ウイルスに抗生物質は無効です。)治るのを待っていたものです。現在では鼻水を採取して検査キットに垂らすと、数分でインフルエンザのA型かB型かまでを判定することが出来てしまいます。検査をしている私自身もフーンと感心する始末です。

先日、内科の某先生にこれらの事をお話したところ、「だから何だって言うんだ。オレは、検査もしないし、薬も出さない。医療費が上がるだけじゃないか。」と怒るように話しておりました。これも真実。
さらにもう一つ。今年は「花粉症の予防薬を!」と希望されて来院する患者さんがやけに多く、しかも早い。花粉症に特別な予防薬があるわけではありません。毎年飲んでいる薬を、症状が出る前から飲んでいた方が効き目がよい、と言うだけの話です。テレビや新聞で、花粉、かふん、カフンと聞いただけでも何となく鼻がムズムズしてくる、と言われた患者さんもいました。花粉症の患者さんは、毎年明らかに増加しています。早めに薬を飲むことに異論はないのですが、医療費と言う点から考えると無視できない問題もあります。元々は、まさに国がまいた種ですが。

・・・そろそろ私も薬を飲み始めましょうか・・・・。

2003年02月02日 00:00

2003年01月08日(水) 今年の初夢

新年明けましておめでとうございます。今年は1月6日・月曜日から診療を始めております。毎年のことですが、年の暮れはどこの病院も忙しく、とりあえず正月休み前に1度病院へ行って薬をもらっておこう、という患者さんが増え、年が明けると病院も開いているという安心感と、学校や幼稚園での病気のうつし合いが無くなるためか病気も小康状態となり、病院は少し暇になります。

しばしば「年末年始に具合が悪くなったらどうしたらよいか。」という質問を受けますが、現在の所、鎌ヶ谷市独自の日曜、祭日、夜間における医療体制は何もなく、船橋市と共同で船橋駅北口近くの保健センターで夜間診療を行っているのが現状です。私も順番で、準夜帯に診療することがありますが、耳鼻科医としてではなく、外科系として出動しています。こうなると「耳痛い」は得意なのですが、「転んで足をぶつけた」とか、「チンチンが腫れて痛い」となると急速に勢いが無くなってしまうのです。

千葉市では各科の夜間休日診療体制が出来ていますし、私が以前に住んでいた札幌市(人口160万)でも各科の診療が可能でした。医療の面からすると、各自治体が大型合併を断行して「さいたま市」ならぬ「とうかつ市」でも立ち上げてくれるとやりやすくなると、夢想する正月休みでした

2003年01月08日 00:00

2002年12月15日(日) 鎌ヶ谷市医師会福祉担当宴会係

新年明けましておめでとうございます。今年は1月6日・月曜日から診療を始めております。毎年のことですが、年の暮れはどこの病院も忙しく、とりあえず正月休み前に1度病院へ行って薬をもらっておこう、という患者さんが増え、年が明けると病院も開いているという安心感と、学校や幼稚園での病気のうつし合いが無くなるためか病気も小康状態となり、病院は少し暇になります。

しばしば「年末年始に具合が悪くなったらどうしたらよいか。」という質問を受けますが、現在の所、鎌ヶ谷市独自の日曜、祭日、夜間における医療体制は何もなく、船橋市と共同で船橋駅北口近くの保健センターで夜間診療を行っているのが現状です。私も順番で、準夜帯に診療することがありますが、耳鼻科医としてではなく、外科系として出動しています。こうなると「耳痛い」は得意なのですが、「転んで足をぶつけた」とか、「チンチンが腫れて痛い」となると急速に勢いが無くなってしまうのです。

千葉市では各科の夜間休日診療体制が出来ていますし、私が以前に住んでいた札幌市(人口160万)でも各科の診療が可能でした。医療の面からすると、各自治体が大型合併を断行して「さいたま市」ならぬ「とうかつ市」でも立ち上げてくれるとやりやすくなると、夢想する正月休みでした

2002年12月15日 00:00

2002年11月14日(月) 一部負担金の話

10月からまた医療保険制度が変わりました。分かりやすく言えば病院に支払う値段のことです。これは厚生労働省の中央社会保険医療協議会というところで決めているそうです。初診料、再診料をはじめ、耳垢を取ったらいくら、喉に引っかけた魚の骨を取ったらいくら、といった具合に細かく決められていて、その一部を負担金として、患者さんが病院の窓口で支払っているわけです。負担する割合は、その患者さんが加入している保険の種類によって異なり2割であったり、3割であったりしています。

日本の景気がよかった昭和40年代には健康保険の本人や老人保険では0割、つまりタダという時代があったそうですが、これからはそうはいかなくなります。少子高齢化で労働人口が少なくなり、保険を下支えする人間がいなくなるのですから、高齢者の負担が増えるのです。しかも10月からは、老人保険ではその患者さんの収入の程度により負担金が1割か2割かに分類されるという、これまでにはなかった制度になりました。

そのかわり、といっては語弊がありますが少子化の影響でしょうか、3才未満の乳幼児の負担が3割から2割に減りました。さらに千葉県では来年4月からその負担金を肩代わりしてくれそうですので、負担金はほぼ0割になりそうです。よい話ではありますが、北海道では私が開業する前からそうでしたし、都内23区では未就学児は無料ですので、この程度で喜んではいられません。江戸川を越えると地代は下がるが、病院への負担金は上がるという事で、当院窓口でも怪訝そうな顔をするお母さんもいるというスタッフの話です。

2002年11月14日 00:00

2002年09月30日(月)

先月末で、当院事務職員の宮迫さんが結婚を機に退職しました。3年余りにわたり、受付やパソコン業務、看護助手など医院全般の仕事をしてもらっていました。今回は、期日が決まっており後任もスムーズに採用できましたので、ホッとしていますが、開業医になって最も悩むことは、従業員対策です。

開業以来、もう何百人の応募者と面接したことでしょうか。採用しても1日で来なくなった人、3日で辞めた人、急に妊娠して来なくなった人、今ではかなりのレベルまで達観できるようになりました。ある時、中学時代の悪友に「おまえは、ハーレムのようなところで仕事が出来ていいなあ。」と言われたことがあります。私は「フフフ・・・。」と笑うだけで、言葉を返す気にもなりませんでした。

次に煩わしいのが、保険診療報酬の問題です。簡単に言うと保険点数のことで、患者さん側から言えば、病院の窓口で支払う料金のことです。10月からまた規則が変わります。4月に変わったばかりです。来年4月にも変わるはずです。今日は9月30日ですが、当院のスタッフが居残ってパソコンソフトの変更を行い明日に備えておりました。私はコーヒーとサンドイッチと小さな花束をおいて先に帰ってきてしまいました。なぜなら私には全く操作ができないからです。この話の続きは来月にしましょう。

2002年09月30日 00:00

2002年08月28日(水) 久々の再登場

久しぶりの日記となってしまいました。4ヶ月ぶりです。最近色んな人から3月で止まっているよ。との指摘を受け続けておりました。

言い訳にもなりませんが、4月から鎌ヶ谷市医師会の広報・福祉担当の理事になってしまいました。理事というとちょっと聞こえは良いかもしれませんが、殆どなり手はいないのです。医師会に入会して10年経ったので仕方ないかな、などと仏心を起こしてしまうと、アッという間に推薦されて、このような言ってみれば雑用係を任命されてしまうのであります。
医師会とは何ぞや? 未だに私にもよく分かりません。開業医になる時には普通、入会するものらしいので入れていただいただけなのです。お暇な方は下記のアドレスをクリックしますと鎌ヶ谷医師会のホームページにアクセスすることが出来ます。

http://village.infoweb.ne.jp/~fvgh3260/

最近の理事としての任務は、週2回を目標に市役所裏の4階にある医師会事務所に出向くこと、月2回の理事会に夜8時から2時間ほど出席すること、月1回の市との定例打合会に出席すること、月刊の医師会広報の後書きを書くこと、市で行っている健康相談などに適任の医師を派遣すること、秋の医師会親睦旅行を計画すること、忘年会の設定をすること、であります。

そういうわけで「気まぐれ日記」が書けなくなってしまいました!?これからまたぼつぼつ書き始めることにしましょう。

2002年08月28日 00:00

医療法人社団 弘翔会 内藤耳鼻咽喉科医院

〒273-0137
千葉県鎌ケ谷市
道野辺本町1丁目3-1
カーラシティ鎌ケ谷2F

院長 内藤 義弘

TEL 047-443-3387

駐車場

駐車場あり

モバイルサイト

医療法人社団 弘翔会 内藤耳鼻咽喉科医院 スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら