院長の気まぐれ日記

201811
2018年11月12日(月) 専門医更新時期迫る!

 先月のMRI検査の結果は特に異常は見られず、来年2月までしばしの“別れ”となった。
しかしいずれは何かされるだろうとは、うすうす感じているところでもある。結果を泌尿器科医の友人に報告すると、「直腸診もしない医者は泌尿器科医ではない!お前の前立腺は何ミリリットル?」少々ご立腹であった。前立腺の大きさをミリリットルで表現するとは、初めて知った。

 10月31日、前立腺癌の内科医と半年ぶりにタイ釣りに行った。現在はホルモン療法中で、放射線治療は来春の予定とのことだった。何だかずいぶんぬるい話だなと思ったが、それで全然問題ないとのこと。その昔はラグビー部で、ゴリラ男であった彼の横顔がどことなく女っぽく見えたのは、その治療の影響だろうか?

 今週末、福岡で専門医講習会が開かれ、出席するので医院は休診です。
専門医制度というのが、今から30年位前に発足した。当時は履歴書と登録料を納めれば誰でも専門医になれた。それでも、その手間と登録料がもったいなく放っておいたら教授に、「何バカなこと言ってる!さっさと登録しておけ!」と怒られ、それを聞いていた後輩と一緒に申請を出した思い出がある。

以後、専門医資格を持っていて良かったという経験は全くないまま、現在に至っているが、最近規則が厳しくなったようで、決まった講習を遅刻、途中退席なく受ける事が義務付けられた。扉を閉められるというのだからすごいもんだ。会終了後に参加証明書を配り、それをためておいて更新時に提出するらしい。らしいというのは、よくわからないのだが、札幌で開業する後輩から電話があり専門医を更新する気になり、参加することにした。

更新に必要な講演は、わざと講習会の最初と最後に配置してある。憎たらしい。羽田発17日、6時15分・始発便だ。これでないと9時からの講演には間に合わない。札幌からでは、前日からの福岡入りが必須だ。途中退室は出来ないが、居眠りは出来そうだがこの体、学生時代からから居眠り出来ない体質だ。会場の後ろの方に座って、演者の言動をボーッとしながら見てくるつもりである。

ちなみにその後、専門医制度は厳しさを増し試験もある。合格率は80%くらいだ。問題が毎年耳鼻科の専門誌に載っているが、それを見るたび、さっさと専門医になっていてよかったと、胸をなで下ろすことしきりである。

201810
2018年10月09日(火) じょ!じょ!じょ!女医先生!!

9月26日・水曜日、某大学病院を受診しました。その理由は・・・。

今年6月初め、内科医の友人と久しぶりにキス釣りをしながら、痛かった痔の術後の話をしていたところ、彼曰く、「俺なんかもっと深刻で、前立腺癌なんだ。」と言うではないか。
会陰部(陰嚢と肛門の間)から生検(針を刺して組織の一部を採取すること)をして癌細胞が出たとのこと。今月に放射線の一種である重粒子線を照射すると言っていました。

6月に結果が出て10月に治療ということで、悪性度は低く緊急性は全然ないとのことでしたが、知り合いがそんな病気だと聞かされると自分はどうかと気になり早速、血液中のPSA(前立腺特異抗原)を測ってみました。

結果は4.3。あらっ、ちょっと高いな。
正常は4以下です。数年前の医師会検診では正常値だったはずです。
そこで9月初めにもう一度測ってみると、6.5。

あらららっ! 今度は北海道に住む泌尿科医の友人に電話をすると、いいも悪いも言わずに、
「MRI検査を受けてみたら。直腸診(肛門に指を突っ込んで前立腺を触診し固さや大きさを調べる)くらいするかな。」
そんな助言をもらい、大学病院受診となりました。

このご時世、大病院受診には紹介状が必要で、そのまま受診すると初診料が5千円とか1万円などビックリする金額になるようですので、自分に自分の紹介状を書いて持参しました。
10時に大学病院へ着きましたが、混んでいました。受付を済ませて4階の泌尿器科外来に着いたのが10時半。窓口で診察券や問診票を渡すと、
「2番のドアの前でお待ちください。2時間以上かかります。」
と受付嬢はすまなさそうな顔をしてニコッとされました。

やれやれと思いながらも半ば覚悟はして来ました。
2番のドアの前に腰を掛け、張り紙を見上げるとそこには、

[本日の初診医・○田○子] 

子ということは女医!女医先生!!・・・・。触診!視診!! 直腸診!!!

おいおい!ちょっとこれだけは勘弁してよ。何とかならないの。
他に男性の初診医はいないのか。他のドアを確認しましたが、本日の初診医はこの方だけでした。私が時々通う痔のクリニックだって、受付には青とピンクのコインが置いてあり、男性医師と女性医師を選べるようになっています。私はこれまでピンクのコインを選んだことは1度もありません。ここだってそのくらいの配慮があってもいいんじゃあないか。そんなことを考えながら待ち続けました。そもそもこれまで、女性の泌尿器科医という方に出会ったこともありません。一体どんな女性が、このドアの内側で何をしているのか。お岩さんか、般若か、モンスターか・・・うわああ!

午後1時前に、順番が私の前の中年男性が呼ばれました。何を言っているのかはわかりませんが、普通に会話の声が聞こえました。しばらくすると今度は沈黙の時間が流れ、これが不気味で、いろいろと空想してしまい緊張が高まりました。
30分ほどしてとうとう私の名前が呼ばれました。怖いもの見たさの気分でドアを開けると、そこには意外にも細おもての品の良さそうな女医先生が、お待たせいたしました、ですと。年の頃は40後半かな? 
待ち時間中に行った血液検査結果は4.9と下がっていましたが、異常値ではあるのでという事でMRI検査を予約しました。それだけでした。触れもせず、見もせずに終わりました。なぜ貴女は泌尿器科医になったのか、と質問したかったのですが止めておきました。

明日・10月10日午後1時半、MRI検査後に再び○田○子先生にお目にかかります。はたしてこのままプラトニックな関係で終わってしまうのかどうか、私の方からは何とも申し上げられません。

201809
2018年9月18日(月) 本日休診

 本日9月18日休診です。2ヶ月ほど前から医院の内外にお知らせを張り出していましたが、知らずに何人来院することか、何十人かしら?申し訳ございません。
私は朝から院内にこもっています。院内にいますが診察は無理な状態です。外に出て患者さんと顔を合わせるとバツが悪いので、極力中にこもっています。

朝から工事です。開院以来使い続けてきた、通称ユニットと言われる機械類を一新することにしました。この春、私が指を指している部分が壊れライトが着かなくなりました。
関節部分に亀裂が入り断線しかかっていたそうで、さらにこの機種はもうとっくに生産中止で修理不能として戻ってきてしまいました。顕微鏡も内視鏡もそしてこの人工大理石の土台もおかしくなり、全部替えることにしました。機械ものは10年が目安という話もありますので仕方ありません。

開院時からこのようなシステムが機能していたわけではなく、いろいろ改良してきたつもりです。それを一日でリセットできるか、不安もありますが、ダメなら翌日は元々休診日ですから、それで何とかなるだろうという目算です。ですから18日・19日と休みが続きます。ご了承ください。

201808
2018年8月9日(金) 音楽は健康に良いのか?

 今月は8月22日から26日まで休診です。さらに来月は16日から19日まで休診です。先月も休診がありました。ご迷惑をお掛けしますが、お間違えないようお願いいたします。

7月29日、市内のきらりホールで、鎌ケ谷市医師会の音楽会がありました。全部で14題の演目があり、ギター、二胡、歌、尺八、ハープ、フルート等々色々出てきました。写真のごとくで、12回目となり、私は第一回から全て参加してきました。

今年の演目は、エレクトーンでスラブ舞曲第10番、ピアノで津軽海峡冬景色でした。ちなみに昨年はエレクトーンで、帰ってきたヨッパライとシングシングシングで、一昨年は運命の第一楽章をピアノアレンジで弾きました。その前となるとすぐには思い出せません。私の場合はこれまでなるべく秘密にしてきましたが、医師会ではパンフレットも出場者には配布していますので、自信のある出場者は医院の受付にでも、それを置いているか自ら宣伝しているのか・・・。
 音楽はきっと老化防止にはいいのだろうと思って指の運動をポツポツ続けているのですが、あの本番での緊張感は体にいいのか悪いのか、ゴルフは、緊張のためグリーン上で心筋梗塞になることもあるとか。
医師会の音楽会ですから、出場者の出演前後での血圧・脈拍などを測って統計を出したら面白いのではないかと、密かに思っています。来年も7月の連休初日にホールの予約が取れたそうです。いえ、決して宣伝しているわけではありません。本気で宣伝したら、あの500人収容のホールは満席になって、私のノミの心臓が口から飛び出してしまいますので!?

201806
2018年6月24日(日) 学校検診・半日で500人

 今年の学校検診が終わりました。
私は市内の小学校2校と中学校2校を受け持っています。市内の学校ですから、知った顔も少なくありません。にこにこする子、指差す子、無視する子、色々です。

耳鼻科の病気は小児が中心ですので、中学生ではほとんどが「耳垢」で、耳垢のため鼓膜が見えず検診になりませんというものばかりです。耳垢除去は耳鼻科医にとっては日常茶飯事の医療行為ですが、検診では医療行為はしてはいけないことになっており、「耳垢」が病気か?!という疑問も持ちつつ、検診結果に○が付くわけです。学校としても、プール授業の前にミミハナのチェックをしておこう、という考えもあって、5月の連休明けから今時までに終えることになっています。

学校保健法という法律があり、学校医として、内科、眼科、耳鼻科医が配属されることになっています。なぜ、小児科医ではないのか、精神科医、整形外科医、産婦人科、泌尿器科医は要らないのか、と言いう疑問がわきますが、現実的には無理ですね。しかも1人の医師が1校ということになっていますが、鎌ケ谷では1人4~5校、船橋ではその倍の10校近くを受け持っているようで、高齢の耳鼻科医が引退すると、その抜けた穴を誰がカバーするのか、結構議論の的になっているようです。
さらに、毎年全学年を検診するようにと規則にはありますがこれも無理で、色々問題も抱える学校検診ですが、耳鼻科医になって以来、何処に行っても仰せつかる宿命みたいな役目ですね。