院長の気まぐれ日記

201806
2018年6月24日(日) 学校検診・半日で500人

 今年の学校検診が終わりました。
私は市内の小学校2校と中学校2校を受け持っています。市内の学校ですから、知った顔も少なくありません。にこにこする子、指差す子、無視する子、色々です。

耳鼻科の病気は小児が中心ですので、中学生ではほとんどが「耳垢」で、耳垢のため鼓膜が見えず検診になりませんというものばかりです。耳垢除去は耳鼻科医にとっては日常茶飯事の医療行為ですが、検診では医療行為はしてはいけないことになっており、「耳垢」が病気か?!という疑問も持ちつつ、検診結果に○が付くわけです。学校としても、プール授業の前にミミハナのチェックをしておこう、という考えもあって、5月の連休明けから今時までに終えることになっています。

学校保健法という法律があり、学校医として、内科、眼科、耳鼻科医が配属されることになっています。なぜ、小児科医ではないのか、精神科医、整形外科医、産婦人科、泌尿器科医は要らないのか、と言いう疑問がわきますが、現実的には無理ですね。しかも1人の医師が1校ということになっていますが、鎌ケ谷では1人4~5校、船橋ではその倍の10校近くを受け持っているようで、高齢の耳鼻科医が引退すると、その抜けた穴を誰がカバーするのか、結構議論の的になっているようです。
さらに、毎年全学年を検診するようにと規則にはありますがこれも無理で、色々問題も抱える学校検診ですが、耳鼻科医になって以来、何処に行っても仰せつかる宿命みたいな役目ですね。

201804
2018年4月26日(木) マスク その3

 ようやくスギ花粉の飛散が終わり、あと10日余り、ヒノキ花粉が残っている時期となりました。
スギとヒノキは似たような花粉ですので、両方に反応する人が過半数と言われています。私はさいわいスギだけのようで(20年前の検査結果)、だいたい終了しました。
時々くしゃみと鼻水は出ますが、許容範囲です。
結局今年のシーズンは診療中マスクなしで大丈夫で、スギ花粉が多く飛散した年でしたが、比較的楽に過ごす事が出来ました。加齢により反応が鈍くなったのかも知れません。

花粉症の薬は右写真のように色々あります。
色々あるということは、これぞ、というのがないということでもあります。同じ薬を処方しても効き方は様々です。効き目がいい方がいいに決まっていますが、眠気が出る人も少なくありません。飲んでみないことにはわかりません。やはりまずマスクですね。

少し昔の話になりますが、看護学部の学生を土曜日だけアルバイトとして頼んでいたことがありました。優秀な学生で、今では何処かでいっぱしの看護師になっていると思いますが、あるとき、その学生が、国家試験の問題ではマスクをしないで仕事するのは「×」です、と言っておりました。
でもねえ、マスクをすると、眼鏡は曇るし、顕微鏡も曇るし、難聴の患者さんには言葉がわかりづらくなるし、小さい子どもにはなおさら恐怖心をあおるんだよなあ、と弁解を羅列しておきましょう。×××でしょうけども・・・。

201803
2018年3月18日(日) マスク その2

 花粉症のピークを迎えています。
あと1~2週間がピークで、サクラが終わるとスギも終わると言われています。今年は去年の反動かスギ花粉が多い年のようで、昨年は我慢で過ごせた方が、もうダメ!我慢の限界!!と言って来院する患者さんもいました。

私は意外にもまだ顔丸出しで診察を続けてられています。もちろん薬を飲み、診察前にも点眼点鼻を欠かさずですが、このままいけるのだろうか?そろそろ反応が弱くなってきた・つまり歳のせいだろうか?と自問自答しています。

また、外を歩く時には写真のようなスタイルです。マスクをしてエラの張った花粉症用の眼鏡をして、眼鏡が曇ってもまずマスクです。マスクは何でもいいようで、自分の顔に大きさが合うマスクがいいと思います。ブカブカでは隙間から花粉が入ります。針金入りで鼻背部を上手くカバーできるといいですね。
時々鼻を出して口にだけマスクをしている人を見かけますが、あれはいけません。仕事柄思わず訂正したくなりますが、こらえて黙って見ています。コートはツルツルの物で、ケバケバでは花粉が付着し、家の中へ持ち込むことになりますので避けた方がいいと思います。帽子をかぶればさらによしですが、さすがにそこまではしていません。